おまつりする場所

 神棚や御霊舎は家庭の一番大切な場所です。家の中で一番清浄な場所におまつりしましょう。

 一般には、清らかで明るく、静かで高いところに、南、あるいは東向きにおまつりするのが良いといわれています。
 神棚は座敷に、御霊舎は今におまつりすることが多いようです。

 しかし今日、マンション暮らしなどでこのような場所が見当たらない家庭も多くなってきました。こうした場合は、家族が毎日親しみをこめておまいりできる場所を第一に考えましょう。家族がいつも集まって食事をしたり会話をしたりするような、家庭の中心となる部屋に丁重におまつりすれば良いのです。

 また、神棚と御霊舎を並べておまつりしてもかまいません。神さまもご祖先さまも、みなさんとみなさんの家庭をいつも見守ってくれているのですから、感謝の心を忘れず、毎日おまつりを欠かさないようにしましょう。