居木神社



■由緒■

ご創建の年代は明らかではありませんが、
古い記録によりますと、往古鎮座の地は
武蔵國荏原郡居木橋村(現在の山手通り居木橋付近)に位置していたようです。

当時は「雉子ノ宮」と称され、境内には「ゆるぎの松」と呼ばれた大木があったと伝えられています。 江戸時代の初期、目黒川氾濫の難を避けるために現在の社地に御動座されました。 その折、村内に鎮座の「貴船明神」「春日明神」「子権現」「稲荷明神」の4社をあわせてお祀りし、「五社明神」と称されました。

元禄郷帳に居木橋の石高は 230石余、72戸で頭屋(年番)による運営がなされ、 郷土の崇敬は篤く祭事は盛んで特に里神楽を催し、 秋の大祭には他村よりの参詣も 多く社頭は大変賑わったと記されております。

明治5年、社号を「居木神社」と改め、同6年旧制の「村社」に列格、 続いて同29年および同42年には村内鎮座の「稲荷神社」「川上神社」「本邨神社」の3社6座が合祀されました。

昭和5年には氏子の崇敬熱意により ご社殿の改築にかかり、同8年9月に竣工されましたが、 その荘厳を極めたご社殿も大東亜戦争末期に 戦火にて炎上しました。

以来氏子崇敬者の赤誠による再建計画が進み、 昭和52年5月5日着工、同53年3月3日上棟、 同6月10日正遷座祭の儀が厳かな裡に斎行され、 ときわなる居木の森高台地に荘厳優美な偉容を拝するに至りました。


■御祭神■

やまとたけるのみこと
日本武尊
叡智と武勇の神

たかおかみのかみ
祈雨・止雨

おおくにぬしのみこと
大國主命
商売繁盛・社運隆昌
事業発展・営業向上

くらいなたまのみこと
倉稲魂命
農業・商売繁盛
開運・文具・本

あめのこやねのみこと
天兒家根命
学業成就・試験合格

かんのじょうしょう
菅丞相【菅原道真】
学業成就・試験合格

たぢからおのみこと
手力雄命

よどひめのみこと
淀姫命

おおやまくいのみこと
大山咋命

■鎮座地■

居木神社
(いるぎじんじゃ)
〒141-0032
東京都品川区
大崎3-8-20
TEL : 03-3491-7490
FAX : 03-3494-0749


■例祭日■

■例大祭■

8月25日前後の
金・土・日曜日


祭事暦及び年中行事

■ホームページ■


居木神社ホームページ

■アクセス■

JR大崎駅 北改札西口徒歩3分