徳持神社
(通称 八幡さま)



■御祭神■

ほんだわけのみこと
誉田別命
(応神天皇)

うかのみたまのみこと
宇迦之御魂命

■鎮座地■

〒146-0082 東京都大田区
池上3-38-17
TEL : 03-3751-2612
FAX : 03-3751-7118


■由緒■

 徳持神社は鎌倉中期、建長年間に豊前(大分県)の宇佐八幡宮より御分霊を勧請奉斎して創建されたと伝えられています。御旗山八幡宮とも称され、徳持地区(池上西部一帯)の氏神様として尊崇されてきました。明治39年池上競馬場建設のため、北に500mほど離れた現在地へ遷座。明治41年9月15日徳持上宿に鎮座していた稲荷神社を合祀して竣功遷座祭を行い、社名を八幡神社から徳持神社に改称しました。なお、神社は太平洋戦争中空襲によって被災し、現社殿は昭和41年9月3日に竣功したものです。


■例祭日■

■例大祭■

7月20日前後の土・日曜


■見どころ■

素足で歩き健康を増進
 社殿前の左右には「健康石」と「長寿石」が設置されており、その間全長12mの歩道には黒石が敷き詰められています。この上を裸足になって歩くと、足の裏が刺激されて血行が良くなり内臓も活性化されます。この際、「茅の輪くぐり」の神事に倣い、八の字を描いて歩きます。

■アクセス■

東急池上線「池上駅」3分
東急バス「徳持神社前」