戸越八幡神社



■御祭神■

ほんだわけのみこと
誉田別尊
(応神天皇)

■鎮座地■

〒142-0041 東京都品川区
戸越2-6-23
TEL : 03-3781-4186
FAX : 03-3787-3277


■由緒■

 当社は大永6年(1526)村内藪清水の池中より行永法師が御神体の神像を発見して草庵に奉安、京都石清水八幡宮より御分霊を勧請して共に奉斎したのが起源といわれる。
 文禄元年(1592)隣接する神仏習合当時の別当、行慶寺の開山念誉上人が現地に八幡宮を建立、元禄元年(1688)に宮居を現在の地に遷し、今に至る。
 現社殿は安政2年(1855)の創建で戦災にも免れ、都内でも最も古い神社建築を今に伝えており、古くより氏子住民の崇敬の念きわめて篤い。
 古歌に『江戸越へて 清水の上の成就庵 ねがひの糸の とけぬ日はなし』とあり、この地が江戸越えの村であったことから戸越の地名の由来であることがわかる。
 明治6年、幣帛供進の村社に列せられる。


■例祭日■

■例大祭■

9月第2日曜


■特殊神事■

菖蒲祭「子供すもう大会」
毎年5月5日に行われます。


■宝物■

品川区文化財
神社拝殿内の絵馬


■アクセス■

都営地下鉄浅草線「戸越」徒歩5分
東急池上線「戸越銀座」徒歩7分