地鎮祭とは

 日本には人生や生活の区切りごとにまつりを行い、無事発展を祈る習慣があります。地鎮祭もそのひとつで、建築を行う場合に、その土地の守護神に完成の無事を祈願するものです。起源は古く、持統天皇の御代(西暦690年)にはすでにこの祭の記録が残されています。

 一般的には「ぢちんさい」や「ぢまつり」などと呼ばれていますが、正しくは「とこしずめのまつり」と言います。また、工事の着工に合わせて行う場合は、起工式として行うこともあります。

 他にも工事に伴う祭りとして、上棟祭や竣工祭があります。竣工祭は工事の無事な完成を祝い、清め祓いを行うとともに、末永く無事繁栄を祈ります。また、完成後は神札(おふだ)をおまつりします。


BACK